優しかった義父は、もう、いない。 毎日のように義父に抱かれている。 ――このままずっと、お義父さんのモノになり続けるしかないのかな。