もう、この一途な気持ちを隠す事が出来ない…。おにいちゃんの手の感触、はじめてのときからうれしくてっ!がまんできなくてっ!大すきっ!!!他の誰よりも、わたしのカダラにいっぱいいっぱい触れて欲しいの…