舞華と晴れて恋人生活を満喫している八尋。 ツンツンと生意気盛りな舞華は、ひん剥くと途端に従順に恥じらい怯える様に 嗜虐心を煽られるばかりで、思わずがっついてしまう日々であった…