小島瑠璃子さん、おっぱいがテーブルに乗ってしまう。