くのいち・咲夜「忍びし想いは恥辱に濡れて……」