密かに想いを寄せている千里さんが目の前で犯されているのを、僕はただ呆然と見詰めているだけだった…